Loading

BLOG

ルビーの意味と効果 燃えたぎる情熱と勝利の石

ご覧いただきありがとうございます♪

アマルジュエリーです

土曜日の夜いかがお過ごしでしょうか?

今宵はパワーストーン辞典第1回ということで宝石界の女王に燦々と君臨するルビーをご紹介したいと思います

ルビーは言わずと知れた誰もが知る宝石の代表といえるひとつですね

今回はルビーをさまざまな観点からご紹介してみたいと思います

まずルビーといえばまず一番になにをイメージしますか??

いろいろあると思いますが、まずは「赤」ではないでしょうか

情熱的な炎のような美しい赤色が特徴的ですね

英語名「Ruby」和名は「紅玉」と呼ばれています。

原産地は多々ありますが代表的なところではミャンマー、タイ、インド、マダガスカル、タンザニアなどがあります

語源はラテン語で赤色を意味するruber からきており、硬度もダイヤモンドの次に固いかなり強固な石になります。

クロムを含有したものをルビーと呼ばれ、他はサファイアと呼ばれています(なのでピンクサファイアなどの呼称があるのですね!)

上記のことからもまさにルビーは選ばれし石 ということになりますね~、さすが女王の呼び名です(笑)

赤色が強く透明感が高いほど希少とされ、そのなかでもピジョンブラッド(鳩の血の意味!ちょっぴりこわい名前です)と呼ばれるものが特に有名です

古代ローマにおいてはルビーには軍神のマルスが宿っているとされ、兵士が勝利のお守りとして戦場で持っていたそうです。

赤、いう色という観点から見てみると積極・行動力・活力・興奮 などリーダーシップを発揮する社長や政治家などが好む色という側面もあります

そう考えると、やる気を出したい、強くありたい、など積極的行動を起こしたいときなどにぴったりな色と言えそうです

パワーストーンとしての効果として言われるのは・・

恋の成就、魅力と色気を高める、勝利を呼び込む、仕事も恋愛にもアクティブになれる、カリスマ性を高めるなどです

中国などアジア圏でも福を呼ぶ色として使われいますね!

当ブランドのルビーリング♪

是非ここぞ!というときは赤色の服やアクセサリーを身に着けたいですね♪

Amal jewelry(アマルジュエリー)

”古代の記憶と現代を繋ぐ永遠の旅 ”

をコンセプトに神秘的な天然石と古代文明や世界の伝説をテーマにした
天然石ジュエリーショップです

☆。。☆。。☆。。☆。。☆。。☆。。☆

数千年もの眠りから

目覚めし大地に埋もれた秘密

12の色に光り輝く秘密のかけら

今甦る古代の記憶

☆。。☆。。☆。。☆。。☆。。☆。。☆

太古の何千年もはるか昔より私たちの祖先たちは美しい「石」に魅了されてきました
人類の文明が始まると同時に美しい「石」は常に私たちと共にありました
ある者は権力を手にすること願い、ある者は魔除けを願い、ある者は愛する人と結ばれることを願いました
古今東西、人々はさまざまな思いを込めて身に着けました

風にそよぐ新緑、全ての命を育んだ海、大地の渇きを潤す雨や木々にそっと降り積もる雪・・

そんな母なる地球が美しい「石」を生み出しました
地中深く、永遠とも思える眠りについていた石たち・・
鉱物はとても長い年月をかけて奇跡的に私たちの元に届く、地球からのギフトです
古代の人々も美しい石たちに魅了され、癒されてきたことでしょう
天然石は一つとして同じものはありません
「古代の記憶と現代を繋ぐ永久の旅」
これがAmal jewelryのコンセプトです
そんな美しい「石」たちが織りなす、あなただけの物語を感じて下さい
一期一会の出会い、あなたのインスピレーションに合う石を探し、お楽しみください

じゃあ、またね~☆

天然石リングのご紹介 Fullmoon/満月シリーズ

関連記事

  1. 金の歴史と探検者たち 幻の黄金都市エル・ドラドとアメリカゴールドラッシュ

    2021.10.04
  2. 真珠の意味と由来 真珠の種類と世界を変えたミキモト・パール

    2021.11.02
  3. スモーキークォーツの意味と効果 スコットランドとヨーロッパ魔除けの石

    2021.09.30
  4. ダイアモンドの意味と効果 世界の伝説と永遠の輝き

    2021.09.29
  5. ラブラドライトの意味と効果 虹色の炎の石

    2021.10.01
  6. ローズクォーツの意味と効果 愛と美の女神 アフロディーテの石

    2021.09.17

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP